こちらの記事を参考に
swiftを使ってコマンドラインツールを作ってみました。

./main.swift ~/sample.png

@3x画像サイズのリソースを引数に渡すことで、iOS画像リソース用の各サムネイルが生成されます。

swiftをコマンドラインで実行する際のtips

引数を受け取る

Process.argumentsでコマンドライン引数を受け取ることができます。

{% highlight swift %} let filename: String = Process.arguments[1]
print(filename)

とすると

{% highlight shell %} $./main.swift ~/sample.png
~/sample.png

という風になります。

exitする

{% highlight swift %} exit(EXIT_SUCCESS) exit(EXIT_FAILURE)

で処理をexitすることができます。

まとめ

ref Swift2で作るコマンドラインツール